読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tsurumi-massage’s diary

大阪市鶴見区にあるつるみ鍼灸マッサージ院の関浦です。鍼灸マッサージ院での取り組みなどご紹介していきますね。

癒し系ではやっていけない

こんばんは、つるみ鍼灸マッサージ院の関浦 亮です。日曜日、ゆっくり過ごしたので、今日も少しコラムを書いていきますね♪

 

つるみ鍼灸マッサージ院 

http://www.tsurumi-massage.jp

f:id:tsurumi-massage:20170212214400j:image

 

鍼灸院、マッサージ院なのに【なんでも治療します】は勿体無い

 

鍼灸院マッサージ院を開業してるので、一般人より多少は専門知識があるはず。

なのになんでも診ます。では発信力が弱くなります。

 

・何かに特化するなら、自身の経験が活かせる方向を探そう

 

1.中学、高校で何か部活動をしていたら、その専門知識を活用

 

【野球専門、サッカー、ラグビー、マラソン、ゴルフ、バスケット】

スポーツ経験は必ず治療院にとってプラスになります。

 

2.病気や怪我の経験を活用

膝や足首の骨折や怪我の経験がある。

あなたが治してきたヒストリーやそのリハビリでの経験は同じ症状で辛い状況の患者さんに大してきちんと寄り添う事が出来ます。

 

私は中学、高校6年間、大阪体育大学浪商高校で陸上部長距離をしてきました。足底筋膜炎、シンスプリント、鵞足炎、膝蓋靱帯炎、腸脛靱帯炎などアチコチ故障しました。いま、同じ所が痛くてきた場合、体験談を話したり刺激や強さの絶妙なさじ加減がうまく出来ます。

 

3.癒し系、隠れ家は治療院には不必要

 

癒し系は怪しい系と一般の方々には思われます。プロは癒し系とか曖昧なアピールはせずに専門知識や一流であるポイントで売っていきましょう。

【禁句】誰でも診ます、どなたでもお越し下さい、癒し系です。グルメブログ。予約先がわからない記事。など気をつけてホームページを作成して下さい。

 

プロらしいとはどういう事か?探している方は何ていう単語を入れて治療院を探すか?など考えてホームページを探すか考えて下さいね。

 

では、本日はこのへんで♪